サイトメニュー

万全な支援体制が必要

カウンセリング

早期なら復帰も早まります

災害など生活環境の急激な変化は不安や緊張感を増幅させ、ストレスに押し潰されそうになります。そのような場合に相手の背中をさすったりすると気持ちをリラックスさせたり、落ち着かせられることがあります。これは、高いリラックス効果を得ることが可能です。しかし、一人で行なうことは出来ません。けれども自分自身で自分をハグしてあげるバタフライハグでも高い効果があることが分かりました。バタフライハグは、メンタルケアとして活用されています。バタフライハグは病院で看護士さんが患者さんに推奨しているクリニックが多いです。また、小さな子供でも行なうことが出来る為、スクールカウンセラーも推奨しています。もし、家族や身近な人に必要としている人がいたら積極的にバタフライハグを教えてあげましょう。両手で自身の方を抱き寄せて、手のひらで肩をトントンとするだけです。これだけでも高い効果があると言われています。しかし、もし強い抑うつ感や深い気分の落ち込みなど、心の病を患っている可能性があれば、専門医への相談を勧めることも必要です。一般的に心の病は精神科での治療となりますが、通いやすさや担当医師との相性など十分に考慮して利用する医療機関を決めます。そしてうつ病や統合失調症などの精神疾患は、回復するまでに長い期間を必要とすることもあり、社会との繋がりが薄れてくる場合もあります。そのような不安感を抱いたままにしておくことは治療効果にも大きく影響してきます。完治した後の復職支援などについてサポートしてくれる所なら、治療に専念できるので安心です。生活環境は皆一様ではありません。特に毎日の暮らしの中で生じる人間関係は、その人の人格や性格に大きく影響することがあります。幼少期からハグなどのコミュニケーションを頻繁に受けている家庭で育ち、大人になってからも互いのコミュ二ケーションが円滑にできていれば、心を病む可能性も低くなります。しかし家族間でのコミュニケーションが十分に摂れている環境で生活している人ばかりではありません。多くの人が様々な問題に直面し、それ等によるストレスに晒されながら生活しています。中には過剰なストレスを上手くかわせず、溜め込むことで深刻な精神疾患になる人もいます。バタフライハグなどのセルフメンタルケアでストレスを緩和する事が出来るのであればいいのですが、出来ない人も多いです。中でもうつ病は気分の落ち込みが強く、無気力状態が長く続きます。似たような症状を伴う双極性障害では、逆に気分が高揚する躁状態が交互にみられるようになります。そして統合失調症になると思考や行動、心の動きを一つにまとめることが難しくなり、幻覚や妄想など現実には起きていない状況に悩まされます。パニック障害は突然に発汗やめまい、手足の震えが生じてしまう病気です。これ等の精神疾患は早い段階で治療を開始できれば、その分だけ社会復帰までの期間も短くなります。バタフライハグのようなセルフメンタルケアとクリニックの治療を平行して、心の病気を乗り越えましょう。