サイトメニュー

注目されている解消方法

悩む男性

効果と実施するタイミング

過去に起きた記憶から離れないほど衝撃的なマイナスの体験がトラウマです。トラウマは何度もそのマイナスの体験を無意識のうち自発的に振り返らせるフラッシュバックの症状があります。その症状によって鬱やその他の精神病を引き起こすことがあるので、トラウマ解消はとても重要な課題になります。トラウマ解消方法は様々なものがありますが、そんな様々な方法の中でも代表的なものがバタフライハグです。バタフライハグはトラウマ解消の効果があるとメンタル医学会の研究で確認された実証済みの方法です。蝶が羽を閉じるようなイメージで胸の前で腕をクロスし、その腕を広げる際に左右の肩を叩くというこれらの一連の流れを繰り返す体操がバタフライハグです。したがって誰でもでき、かつ1人でできるので1日の生活に組み込むことができます。1日の生活にバタフライハグを組み込むということは、トラウマ解消を促進する時間を作るということでもあります。ですのでトラウマ解消において、バタフライハグは必須の解消方法となります。トラウマ等の精神病に効果があるバタフライハグをどのタイミングで行えば効果的になるのかを以下から解説していきます。バタフライハグはいつでも気軽にできる体操です。ですので精神病の症状が出ると感じたら、1度深呼吸をして気持ちを落ち着かせた上で行います。深呼吸と組み合わせることで、症状を抑えるリラックス効果がさらに高まります。また症状が出ない場合があったとしても、実施する時間を作っておくことで症状を予め抑えたり、解消させたりすることができます。ですのでタイミングとしては症状が出てくる直前か1日の決まった時間がベストです。バタフライハグができない環境にある場合は両肩をトン、トンとゆっくりとしたリズムで叩く簡易的な体操が代用版となります。バタフライハグほどの効果はありませんが、一時的には症状を抑えることができます。したがって、バタフライハグができない環境にある場合は、症状が出てくる直前のタイミングや決まった時間のタイミングで上記に挙げた代用版の体操を行うようにします。